離婚と浮気調査時に必要なこと

離婚を考えている人の理由の一つとして多いのが、パートナーの浮気や不貞行為ではないでしょうか。その際には、ただ離婚するわけではなく慰謝料を請求することが可能です。しかし法的に有効な証拠がないと慰謝料が支払われない可能性も高いので事前に証拠を集めておきましょう。その際には、プロに依頼し調査してもらうべきです。依頼するとなると費用が必要となります。どこに依頼するかによっても料金には違いがありますが、何日間調査したかによっても異なってくるので少しでも料金を安くしたい場合は、事前にパートナーに関しての情報をまとめておくことが大切です。疑わしい日や時間帯があるときには、それを伝えることで早く証拠をつかむきっかけとなります。無駄にお金と時間を費やさなくてもいいように、事前に情報をまとめておくことは忘れてはいけません。

離婚を拒否するための調査とは

浮気調査といえば、パートナーの浮気を疑っていて離婚を考えている際や、浮気をやめさせたいときに行うことが大半ですが、中には違うケースもあります。離婚したくない時に浮気調査を行うということもあります。パートナーが離婚話を持ち出してきて別れたくない際に、浮気調査を行い証拠をつかむことによって、別れを拒否することができます。もちろん別れを拒否したからといって、相手が浮気していた事実は変わらないので、その後別れを選ぶという人もいます。別れないために証拠をつかんだのに別れるならば意味がないと考える人もいますが、証拠があればそれなりの慰謝料を請求することができたり、子供がいる場合は親権を得やすくなるというメリットがあります。むやみにパートナーを疑うのはよくありませんが、疑わしいままよりは調べたほうが良いです。

離婚と浮気の調査の利点

パートナーが浮気をしているかもしれないと気づいた時には、とてもショックを受け離婚を考える人も多いのではないでしょうか。その際に、感情のままに別れ話をするのはよくありません。浮気の証拠をつかむことが大切です。証拠さえつかむことができれば、別れるも別れないも自分の思う通りになります。浮気をしている側は、別れることも別れないことも、どちらも決定する権利はありません。プロに調査してもらうほどではないと考える人もいますが、プロに調査してもらうことにより浮気相手のことも調べることができるのて、浮気相手にも慰謝料を請求することが可能となります。調査というと大掛かりで高額なイメージを持つ人が多いですが、相談だけならば無料というところも多いので、一人で悩んでいる人はとりあえず相談してみるべきではないでしょうか。

不倫やストーカー被害などの問題を抱えている方をターゲット層としています。 離婚の裁判で必要な調査や資料を収集します。 裁判に必要な不貞行為等の資料収集も承っております。 浮気や不倫などにお悩みの方、調査を依頼したことがない方はまずはお問い合わせください。 家庭内トラブルや社会的な問題など悩み事は一人で抱えてはいけません。 離婚前の調査をおこないたい方はまずはご相談ください。 離婚を考えたらまず調査をおすすめ